背中のブツブツに悩まされているという人は多いのではないでしょうか。
背中のブツブツの正体はあせもや背中ニキビのどちらかであることがほとんどです。
赤みや痒みを伴い毛穴以外にもブツブツがある場合はあせもの可能性が高いです。
あせもは汗の分泌による汗腺のトラブルです。
改善させるためには、汗をしっかりと洗い流して肌を清潔に保つ、軟膏を塗って炎症を鎮める、制汗剤などを使用して汗を抑制するなどがあります。
毛穴のブツブツの場合は背中ニキビの可能性が高いです。
背中ニキビは毛穴のトラブルです。
皮脂の過剰分泌により毛穴が塞がれ、その皮脂をエサにして毛穴の奥にアクネ菌が増殖することで背中ニキビにつながってしまいます。
背中ニキビができてしまう原因としては、食生活の乱れによる栄養の偏り、睡眠不足、運動不足、疲労やストレスの蓄積、不規則な生活リズム、ホルモンバランスの乱れ、肌の乾燥、シャンプーやリンスやトリートメントの洗い残しなどがあります。
改善させるための対策としては、健康的で規則正しい生活習慣を身につける、保湿ケアを行って肌の乾燥を改善させる、背中を常に清潔な状態に保ちアクネ菌の増殖を抑える、シャンプーやリンスやトリートメントをしっかりと洗い流して背中に残らないようにするなどがあります。
食生活においては、いろいろな食品を満遍なく食べてビタミンやタンパク質やミネラルなどの栄養素をバランスよく摂取することを意識しましょう。
脂質の代謝を促進させるためにビタミンB群を積極的に摂取したり新陳代謝を高めるためにこまめに水分を補給したりするのも効果的です。
睡眠をしっかりととって疲労回復やストレス解消に努めたり適度な運動を習慣づけて巡りの良い体をつくることも大切です。
保湿ケアは、炎症を抑える成分であるグリチルリチン酸、保湿成分であるコラーゲンやセラミドやヒアルロン酸、色素沈着を抑制してニキビ跡が残らないようにするためのビタミンC誘導体などの成分が配合されているものを使用するのが良いでしょう。
角質のバリア機能を高めてニキビができにくい健やかな肌環境をつくることを心がけましょう。